初めてつくった企画書が、
今の仕事につながっている

第二アカウント事業部 第二営業センター
営業2グループ

藤井 智子

2018年入社 / 新卒入社 / 教育人間科学部卒

現在の仕事内容について

明治アドエージェンシーのアカウント事業部は、大きく分けて、グループ会社の明治を担当する部署と外部クライアントを担当する部署に分かれています。私は後者に所属していて、大手製薬会社や化粧品メーカーを担当しています。営業は、クライアントを一番理解しているパートナーとしての役割を果たす職種です。クライアントと密にコミュニケーションを取りながら、店頭プロモーションに使用する販促物、WEBサイトの管理・運営などを行っています。また、社内外のメンバーに対して情報を共有し、プロジェクト全体を引っ張っていく役割もあります。

仕事で一番思い出に残っている
エピソード

入社後の研修を終え、今の部署に配属になった初日、新規提案の企画書をつくる仕事を与えられました。研修中に実際の企画書を見て、どういうものかは知っていましたが、それまで自分でつくったこともないので、配属早々いきなりのピンチ。ひとまず自分の頭で考え、手探り状態でつくって、上司にチェックしてもらっては修正するということを繰り返しました。なんとか完成した企画書を持って、上司に同行してクライアントに提案したところ、興味を持っていただき、不安ながらも最初の仕事をやり遂げることができたんです。そのクライアントというのが、現在私が担当している化粧品メーカーです。その企画書から別の案件に話がつながり、今は上司に同行するのではなく、私が先頭に立って仕事を動かしています。

明治アドエージェンシーの魅力

社員の数は少なくて規模は小さめの会社ですが、大手の広告会社に劣らず、世の中で広く知られている商品の仕事に関わることができるというのは魅力だと思います。私が担当している化粧品メーカーは、学生時代に自分自身が毎日のように愛用していたコスメブランドを展開していて、その当時は、まさか自分がそのブランドの広告に携わるなんて思いもしませんでした。商品のターゲットだった私が、今はそのターゲットに向けて仕事をする。物事の見え方がガラリと変わる、面白い仕事です。

将来の目標

自分のアイデアで人が喜ぶような仕事もしてみたいので、プランニング業務にも関わっていきたいと思っています。会社に費用を補助してもらって、プロモーションプランナーの資格認定も取得したんです。また、大学生のときにジャーナリズムゼミに所属していて、言葉で物事を伝えることに面白さを感じていたので、コピーライターも面白そうだなと思っています。仕事以外のことに関しては、ジムやヨガなど、体を動かすことを趣味にしたいとは前から思っているのですが、なかなか踏み出せず…。働き始めてから、やってみたい思うことがいろいろと増えた気がします。

入社しようと思ったきっかけ

大学生になったころから漠然とですが、広告関係の仕事に就きたいと思っていたので、就職活動のときには、広告会社を中心に大手から中小までいろんな企業を調べて、エントリーしました。その中でも、明治アドエージェンシーに惹かれたのは、二次面接のときです。それまで別の企業の面接では、緊張もあって、うまく自分の言いたいことが表現できなかったのですが、明治アドエージェンシーの面接は談笑できるくらいに気取らない雰囲気だったんです。こんなアットホームな会社なら自分も楽しみながら仕事ができると感じたので、ここで働きたいなと強く思いました。

入社して意外に感じたこと

キャリア採用の方が多いこともあり、さまざまな経歴を持った人が多いことです。他企業でデザイン制作をしていたり、ラジオ局や印刷関連の会社で働いていたり、海外に長期滞在していたりと、個性豊かな人が集まっています。そういう先輩社員の経験談を聞いていると、自分とは違う考え方にたくさん触れられて面白いです。自分自身の業務に関して言えば、配属したてで作成した資料が打ち合わせで使われたり、意見が反映されやすかったりと貢献度が高いこと。また、営業職でありながらデザインのチェックなど、他の職種の仕事にも関われる機会があって営業以外の業務にも触れてみたいと思っていた私には嬉しい誤算でした。

仕事に生かされている自身の経験

学生時代に洋菓子店でアルバイトをしていたのですが、そのお店はお客さまとのコミュニケーションをすごく重視していて、きちんとした言葉遣いや気遣いが身につきました。そのスキルは、今の営業という仕事に生かされていると思います。クライアントのことを考えて、細かい作業でも相手に喜んでもらえるよう気を配ったり、どうすれば、その担当者の手間を省くことができるかを考えたり。たとえば、クライアントの商品が店頭に並んでいたら、自主的にその様子を写真に撮ってメールで連絡することもあります。相手に喜んでもらうために考えて行動するというのは、たくさんの人と一緒に同じ目標に向かって働く上で、とても大切だなと感じます。

ある一日の流れ

9:00

出社
一日の始まりは、メールチェックから。

9:30

ミーティング
同じクライアントを担当しているクリエイティブチームとの定例会。

11:30

昼食
今動いている案件のやり取りが落ち着いたら少し早めのランチ。

12:30

客先訪問
印刷物のサンプルやサイトデザインの確認のためにクライアントのもとへ。

15:00

デスクワーク
小休憩をしながら、クライアントに提出する見積書やスケジュールを作成します。

18:00

退社
月に2回あるノー残業デーの日を活用し、先輩社員と美味しいごはんをたべてリフレッシュ。

メッセージ

昔から広告業界に憧れていて、就職活動のときは大手志望だったんですが、実際にこの会社に入って良かったなと思うことがたくさんあります。
規模があまり大きくないからこそ、任されることも多いですし、関わる業務の幅も広い。当然責任も伴いますが、自由に自分がやりたいことができています。
なので、就職活動のときには、視野を広く持つことをおすすめします。入社して間もない若手社員がどんな仕事を任されているのか、本当に自分のやりたいことができるのか。ぜひ、いろいろな会社を見てみてください。

他の先輩の声を見る

FAQ

採用に関する「よくある質問」について

採用情報

明治アドエージェンシーの
採用情報について紹介します。