視野を広げて、自分の可能性を見つけてほしい

クリエイティブ制作部 クリエイティブセンター 
クリエイティブグループ

溝上 英之

2012年入社 / キャリア入社 / 芸術学部卒

現在の仕事内容について

私が所属しているのは、クライアントの課題解決に向けたデザインワークとディレクションを行うクリエイティブグループです。明治アドエージェンシーは制作会社としての機能も持っており、グラフィックデザイン、販促ツールのデザイン、コピーライティングなど、広告制作を行うクリエイターが所属しています。私が主に担当しているのは、展示会やイベントなどの空間デザイン、店頭に設置するディスプレイ什器のデザインです。また、工場見学コースのスペースデザインやオフィスのエントランスなどのデザインをすることもあります。

仕事で一番思い出に残っている
エピソード

クライアントが海外で行われる展示会に出展した際に、ブースのデザインをしました。デザイン自体は日本でできるのですが、現地で施工をするのは海外の協力会社。海外となると、どうしても言葉や文化の違いが課題になります。なので、「言わなくてもわかるだろう」という考えは一切捨てて、とにかく丁寧なコミュニケーションを心掛けました。その結果、期待以上の仕上がりになり、クライアントにも非常に喜んでいただけるものになりました。

明治アドエージェンシーの魅力

社内にいろんな職種の人がいて、それぞれに得意分野を持っているので、あらゆる課題に対応できる集団です。また、私は キャリア採用でこの会社に入ったのですが、入社して感じたのは、コンプライアンスへの取り組みがしっかりしていて、風通しのよい組織だということ。長時間労働にならないように積極的に発信をしており、有給休暇も取りやすく、安心して働ける環境が整っていると思います。

将来の目標

展示会やイベントのブースは、期間が限られているものです。その時のトレンドを踏まえて、話題性やインパクトを意識したデザインの面白さがあります。今後はそれに加えて、長期間利用される空間のデザインにももっと携わっていきたいです。実は、建築設計の方と打ち合わせをし、明治アドエージェンシーの新社屋の内装や仕上げ材、家具の選定などには関わっていて、ここで働く人たちや訪れる人たちに長く愛されるものになれば嬉しいです。

明治アドエージェンシーの強みについて

広告会社でありながら、制作会社でもあるので、クライアントと直接関わりながら、アイデア出しから制作まで自分たちで対応ができます。ひとつの商品ブランドに対して、社内で横の連携をとり、トータルでのソリューション提案が可能。また、クリエイティブに関しては、営業担当者と一緒にクライアントのもとへ行き、予算や仕様、スケジュールなどを瞬時に判断し、諸条件の中で最大限の表現をすることができるのが強みだと思います。特に店頭販促の経験が豊富で、販売の現場で生きるデザインが得意です。

クリエイティブ職に大切なこと

デザイナーであれば、そのキャリアを積めば積むほど、デザイナー目線で物事を捉えがちになってしまいます。でも、クライアントの意向をつかむためには、クライアントと同じ目線で考える必要がありますし、商品を手にとって購入をしてもらうには、消費者目線で考える必要があります。クリエイティブをするために必要なのは、ひとつの考えに凝り固まらず、いろいろな立場や角度から物事を考えること。そのためには、幅広くいろんなことに興味を持ち、できる限りたくさんのものに触れることが大切だと思います。

ある一日の流れ

9:00

出社
メールチェックを済ませて、早速デザインワークに着手。

12:00

昼食
午後からの打ち合わせに備えて、エネルギーチャージ。

13:00

打ち合わせ
クライアント先で、営業担当と一緒にヒアリング。

15:00

打ち合わせ
帰社して、今度は協力会社とディスカッション。

16:30

デザインワーク
頭をひねりながら、パソコンに向かいます。

19:30

退社
できるところまでできたら、スパッと帰ります。

メッセージ

明治アドエージェンシーは、自分の可能性を見つけることができる会社です。ご自身のやりたいことが明確に決まっている人は、その道をまっすぐ進んでください。もし、まだそれが見つかっていないのであれば、目の前にあるものに全力で取り組んでみてほしいです。実際に経験してみて、自分の強みがわかったり、それが案外自分では気づけていなかったことだったりするものです。この会社には、多種多様な仕事があります。これだと思えるものが、その中にきっとあるはずです。

他の先輩の声を見る

FAQ

採用に関する「よくある質問」について

採用情報

明治アドエージェンシーの
採用情報について紹介します。